エゾヒグマの飯村

AGA(パパフォーム抜け毛症)の中にも各種顔ぶれがあり、邦人の、殊に男性に圧倒的に多く見られるのが、いわゆる「Mキーワード」の薄毛だ。こちらに次いで多いと言われているのが、「Oキーワード」の薄ヘアであり、これは、頭頂部だけが離れ小島のように「O(オー)」のキーワードフォームに薄毛がすすむ現象だ。こういうOキーワードフォームのAGAを中でも、「壮年フォーム抜け毛症」と叫ぶことが多いです。

AGAというと、どちらかといえば「Mキーワード」がメインに考えられますが、「Oキーワード」の際、「Mキーワード」とはその発症導因がことなるケースがほとんどであるため、おんなじAGAケアであっても、「Mキーワード」と実におんなじ方法で治療したところで、「Oキーワード」には効能が表れないと考えるべきです。ですから、OキーワードにはOキーワードなりの薄毛ケアが必要になるということを、まずは敢然と認識しておきましょう。

さて、ではOキーワードのAGAが発症する原因は果して何かということになるわけですが、MキーワードのAGAが、遺伝子レベルに原因があることが多いのに対し、こちらはそこそこ浅い部分に原因があると考えられます。つまり、「スカルプの血行がなんらかの導因によって阻害されていらっしゃる」ということが、OキーワードのAGAの直接的な原因になります。

ヘアーが生成されるのは、「ヘアお母様細胞」と呼ばれる細胞だ。ヘアお母様細胞が正常に機能するためには、十分な酸素が必要になります。そのため、こういうヘアお母様細胞の最寄りで血行障害が起こってしまうと、十分な酸素が頭頂部付近のヘアお母様細胞まで行き届かず、OキーワードのAGAが発症することになります。

血行障害が起こる主な原因は「加齢」だ。加齢が進んでしまうと、これから血管が収縮し易くなります。それほど、ヘアお母様細胞近辺に張り巡らされている毛細血管は、その影響を受けやすいと考えられています。これが、「壮年フォーム抜け毛症」と呼ばれる原因でもあります。

ただし、壮年以降に誰もが経験する現象ではありません。若いあたりから規則正しい営みを続けてきたという輩であれば、壮年になったとしても、加齢によって血管が収れんするような事柄は簡単には起こりません。ですから、長年の不摂生が祟って、血行障害を起こしてしまったと練り上げるほうが余裕のです。

そういった意味でも、OキーワードのAGAを発症してしまったという輩は、なるたけ規則正しい営みを奪い返すみたいこころがけることがまずは重要になります。適量を規則正しく食べ、歪み無く栄養を敢然と摂り、焼酎を避け、禁煙し、十分な休息を取り、適度なムーブメントを欠かさないといったチャレンジをすることで、血行障害が改善されるはずです。これにより、OキーワードのAGAが解消される可能性も居残るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です